ミャンマーのビジネス事情

ミャンマーのビジネスってほんとにチャンスなのか?

ミャンマーのビジネスってほんとにチャンスなのか?

ミャンマーに住んではや3年。
いろいろこの国のことがわかってきました。
最近はビジネスでこの国が注目されているようですが、実際にはどうなのでしょうか?
個人的な意見を述べますと正直ビジネスにはあまり向いてない国と思います。

 

というのもミャンマーはまだまだ国はオープンになったとはいえ、国民性の意識の中ではまだまだ鎖国だからです。
圧倒的に外国人が少なく、まだ外国人慣れしてない部分もあります。
また、ここにもあるようにミャンマーは外国人向けの賃貸住宅の価格が恐ろしく高く、住むのも一苦労です。

 

ヤンゴンは治安がよく比較的住みやすい都市とされています。
ですので訪れた人はそんなミャンマーはビジネスに向いてる、しかもまだまだライバルがいない!と考えがちです。
しかし実際のところはミャンマー人は考え方がまだまだ保守的であまり外国人にオープンとは言えません、
またプライドも高く他国の考え方を素直に受け入れません。

 

この辺がミャンマーでビジネスをしていく上でかなりネックとなります。

 

たとえばミャンマーでは感覚でビジネスをしてる人が非常に多いのです、マーケティング調査や計算などほとんどしてない人が多く、
実際に私もこれに苦労させられました。

 

他の国でうまくいったから、他の会社でうまくいったからとビジネスをすすめようとします。
しかし資金量や他の国との違いからほとんどが失敗します。

 

厄介なのはこのように無謀にビジネスを進めるにもかかわらず他人の意見を全く聞かないことです。

 

自分が正しい、自分の考えが正しいと人の意見を聞かない、しかもビジネスに失敗すると時期が悪い、パートナーが悪いと
責任転換を始めます。

 

正直この国の人といっしょにビジネスをするのは非常に難しいと思いました。

 

では自分一人でミャンマー人と組まずにビジネスをやる場合はどうなのか?ということですね。
ミャンマー賃貸の詳細はこちらから


ホーム RSS購読 サイトマップ