ミャンマーのビジネス事情

ミャンマー人と組まずにビジネスをする

ミャンマー人と組まずにビジネスをする

 

 

ミャンマー人と組まずに自分一人でビジネスをする場合は注意しなければいけないのがミャンマーは他の国の人に儲けさせるということに抵抗がかなりあるということです。

 

あまりにも外国企業が儲かるとすぐに目を付けられます。

 

 

またもう一つはミャンマー人の従業員問題です。

 

部下も他のアジアに比べていうことを聞きません。
何年も働いた部下にお金を持ち逃げされたという話はよく聞きます。

 

ミャンマーで何年もビジネスをしてる人の大半は部下をほとんど信用していません。
どちらかというとビルマ人よりも他の民族や田舎のビルマ人の方が素直で単純作業には向いています。

 

また忠誠心もあまりありません、すぐに仕事を辞めるのであまり高等なことをおしえて将来使おうとしても、給料がいい会社が現れると
それまでたくさん教育費をかけた人でもすぐに他の会社に転職してしまいます。
ですので、ミャンマーでは一流ホテルでもちゃんとした教育をしていないのでクオリティが低いとも言われています。

 

またプライドも高く、仕事の種類も選びます、
私もミャンマーツアーを開催した際に従業員が必要となり、面接をしたのですが、日本ですら面接の時にこんなにイライラしたことはありません。

 

「前の会社は給料が安いからやめた」「前の会社は仕事が面白くないからやめた」「もっと楽な仕事がいい」「カッコ悪い仕事なんてしたくない」
とわがままばかりです。

 

ひどいのになるとまだ働いてるにもかかわらず、明日辞めて明後日から(面接をうけた私の会社に)来るというもの。

 

以前の会社はいきなりこんなやめられてしまうのでたまったものじゃありません。
こういうリスクもミャンマービジネスではあり得るのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ